HOME>記事一覧>南京虫が発生した時のリスクと対処する為に必要な事

南京虫が増加した原因と対処する大切さ

南京虫は日本では昭和の間にほぼ駆除されて、被害の件数は徐々に減っていく傾向にありましたが、東京や大阪等の外国人観光客が多く訪れる場所を中心に再び増加している傾向にあります。南京虫は外国人旅行客の荷物に紛れ込んでいたり、外国から輸入した物に付着していたりするケースが考えられます。ホテル等の宿泊施設で増加している南京虫に噛まれた場合は、強烈な痒みが発生するので、南京虫駆除や撃退といった対処をしなければ、大変なことになってしまいます。

南京虫の生命力が強いので繁殖します

南京虫の怖い所は、生命力の強さです。南京虫は人間に吸血すれば、1度の吸血でも1年以上生存できる可能性があり、自然的に消滅をする事は、殆どありません。その為積極的に南京虫駆除と撃退をしなければ、南京虫は増殖を続けて、建物中に拡散してしまうリスクがあります。

個人的に南京虫を対処するのは難しいです

外国人旅行者等がより一層増えていく可能性がある中で、民泊等をしている方が住宅に南京虫が発生した時に、自力で南京虫駆除を考えても、中々難しいです。市販されている殺虫剤が効かない南京虫が増加しており、専門の業者に依頼しなければ、南京虫を撃退する事は難しくなっています。

宿泊施設にとって注目すべきリスクです

南京虫は噛まれたら蚊よりも強い痒みが発生するので、実際に宿泊した旅行客と宿泊施設側で裁判になってしまう事があります。南京虫駆除や撃退を適切に行う事で、事前にリスクを減らす事ができますから、宿泊施設の方や民泊等をされている方は、注目した方がいい問題です。

広告募集中